3 A B C E F G H I J M S T
Af An

ANYCUBIC 3Dプリンター

ANYCUBIC MEGA-S 金属製 3Dプリンター 高精度 日本語取扱説明書付属 Titan押出機 TPU/ABS/PLA等 操作簡易 家庭用 3DPrinter 初心者/学校等向け

ANYCUBIC MEGA-S
(Amzon オリジナルセット)

1.通電する前に必ず電圧切り替えスイッチを110Vに調節して下さい
2..通電前に先ずにプリントヘッド等の配線が緩みかのチェック
3.赤、黒、青の配線のよく挿入する
4.組立易い:初心者でも楽に組立完了
5.フル金属製で耐久性もよい、もっと穏やか

【Titan押出機 】
1.近距離Titan押出機を配置して近距離でも遠距離でも印刷可能、PLA,ABSは勿論、TPU等の柔軟製のフィラメントも印刷可能
2.ノズル詰まる事も大幅に低減可能

【金属フィラメントホルダー 】
フィラメントホルダーは直接に本体のフレームに取り付けて、印刷時にホルダー移動になった場合を避ける。

タッチ機能:3.5インチタッチスクリーン

Ultrabase:モデル取りやすい

注意事項
1.sdカード中のデーターが認識できない場合ではsdカードをFAT32フォーマットします。

2.Gcodeのファイル名:数字、英字だけが使用できます。(字数 :20文字以下)
3.sdカードにはフォルダーや他のファイルを保存しないでください。印刷したいデーターだけSDカードのルートディレクトリに保存してください。

4.他の2g以内のSDカードも使用できます。

5.近距離エクストルーダーでフィラメントに対して温度の設置は遠距離エクストルーダーにより少し低して設置をお願い致します。

また、sdカードを挿入する時に優しく挿入だけでいいです。(しっかりに奥まで挿入するのはだめですよ)

【改良後のフィラメントセンサー】
フィラメントが無くなると”bibi”のサイレンを鳴らします。

【停電印刷継続機能付属】
curaでG5を添えて停電印刷継続機能をアクティブにする
突然の停電で印刷が中断してしまったときに印刷を再開して影響を与えない(ラインオフ)

ANYCUBIC MEGA-S 金属製 3DプリンターQ&A

専用の操作ソフトでは、ASUSさんから公式に配布されている拡張子(.stp)のデータは、読み取れるでしょうか?

ASUSが配布しているマザーボード用アクセサリーの3Dプリントデータ(.stp)を使いたいという事でしょうか。
今はどの3DプリンタでもSTL形式対応となっている事が多いので、.stp → .stl 変換が必要になります。
英語ソフト(無料)ですが、FreeCADあたりで変換出来る筈です

Mega-sとの違いはオマケが付いてくることでしょうか。その場合の費用対効果はどちらがお得なんでしょうか。

チタン製ではなくて、Titanエクストルーダーという名前のギア式の倍力・微動タイプのエクストルーダーになっています。
樹脂の押し出し量の微細なコントロールがやりやすくなるので、きれいな印刷がしやすくなっています

制作途中でフィラメントの色変えは可能でしょうか?

簡単にできますよ。メーカー推奨の方法ではないかも知れませんが私はこのようにしています。
まずフィラメントをフィラメントセンサには通さずにプリンタにセットします。
フィラメントセンサには10cmほどの長さに切ったフィラメントを差し込んで放置。そのままプリントします

ANYCUBIC MEGA-S 金属製 3Dプリンター口コミ

五万円未満の3Dプリンターを6台使っています。Anycubic i3-megaが3台、Mega-s、Geeetech A10M、bs-01です。製品デザイン関係の仕事で、出力は基本的にPLA主体です。以前はストラタシスのDimensionを使っていました。
i3-megaは、全て最初に一回テーブル調整しただけで割といい出力精度で出せています(五ヶ月くらい使用)。コストパフォーマンスは高いです。Mega-sも同様で、PLA出力に関してはi3 megaとの違いはあまり感じません。
若干、新エクストルーダーはフィラメントを最初に通すときに引っかかりやすいです。
本体についたフィラメントホルダーのおかげで、設置面積が劇的に減りました。これがあるだけでもMega-sにする意味はあると思います。
ABS,PETG,フレキシブルフィラメントは数回試してみましたが、今のところうまくいっていないです。

梱包厳重でした。組立は簡単でしたが、ガイドのチューブがまっすぐでないと、フィラメントが入っていかないんですね。。そこはちょっと苦労しました。デモのフクロウの印刷までに30分、フクロウ印刷に1時間30分かかりました。日本語説明書は詳しいので基本困ることないです。付属品などメーカーの親切さを随所で感じます。雑さは無いです。出来上がったフクロウは、耳などの細かいところがモールドが甘くなってしまうかな?尖ったパーツは苦手そう。それ以外なら、例えばフクロウの腹や胸などの造形は美しいです。塗装前に少しサフ吹けば滑らかになりそうな感じ。初の3dプリンター でしたが一度動かすと色々と分かります。セールで8000円オフだったので購入踏み切りましたが、買ってみて良かった。尖ったものや1ミリクラスの精密なもの以外なら大丈夫そうです。

 

タイトルとURLをコピーしました